モンスターカレンダー

« 2013年2月 »
12345678910111213141516171819202122232425262728

2013年2月アーカイブ

 

前立腺マッサージを堪能したいならエネマグラを使ってトコロテンを味わってみて下さい。きっと性に対する意識が変わりはずです。

 

私が前立腺という性感体を開拓されたのは大阪の難波にある、痴女m性感系の風俗店に友達から誘われて行ったのが始まりで、最初はアナルを責められるのは凄く抵抗がありましたが、それまでに味わったことのない快感を徐々に感じ始めて、その快感にハマってしまってからは毎週末にはお店に通うようになり、アナルを開拓され続けました。

 

それからしばらく通い詰めてアナルを調教してもらいましたが、ある日イってもいないのにイッたような感覚を感じました。サービスをしてくれた女の子から聞いたのですが、それはドライオーガズムと言うらしく、イッて(射精)をしていないのにイッたような快感を感じることが出来るものらしく、射精をしないからドライって言うのだと聞きました。

 

ドライオーガズムを知ってからは、性欲を満たすのは射精でイクだけではないのだと気が付きました。正直な感想をいうと、射精よりもドライオーガズムの方が気持ち良いと思うのは自分だけでしょうか?

 

そのドライオーガズムを感じられるのは、アナルから少し入った所にある、前立腺というツボのような部分が男性にはあるらしく、そこを集中的に刺激をし調教をしていくとドライオーガズムを感じられるのだとのことでした。

 

そのマッサージは指でも良いらしいのですが、前立腺をマッサージする為に作られた、とても変わった形をした器具でエネマグラというものがあり、それで前立腺をマッサージされると大体の人は今までに感じたことがない快楽を感じると思います。

 

最近では前立腺をマッサージされるとドライオーガズムを感じながらトコロテンのようなものまで出るくらいまで調教をしてもらいましたので、これからも前立腺を開拓していく為に通い詰めてみます。

男の潮吹き専門店が神戸にあるのをご存知でしょうか?

前立腺マッサージでドライオーガズムを味わうことの出来るⅯ性感となっており、
店舗型ではなくデリバリータイプで、
高級シティホテルへ派遣してくれるようなお店を求めていた自分には
ピッタリなお店でした。

 

潮吹きの経験はなく、
女性に潮を吹かせたことは何度もあるのですが、
自分自身はチャレンジしたことはあったのですが、
成功したことはまだないのです。

でもある嬢からは「あなた出来るよ!絶対出来る!」とお墨付きを頂いており、

その日がまだかまだかと待ち望んでいる状態です♪

 

ドライオーガズムや男の潮吹きなどすべてに言えるのが、
その場の雰囲気がとても重要とのことで、
前立腺マッサージは特にリラックスできる空間が必須であるようです。

そのようなこともあり、今回は仕事の都合もありハーバーランドにある高級ホテルに予約を入れ、そこでチャレンジすることに。

 

男の潮吹きのコツは、水分をたくさん取りトイレを我慢することが重要で、

それが必要最低限の条件であとは射精後の手コキに耐えるだけとなっています。

 

亀頭責めという方法を用いて男の潮吹きを
自分一人で体験したという方の体験談を見つけ、
それを毎日読みイメージトレーニングと簡単なチントレを行い
毎日鍛えておりました。
準備は万端な状態です。

 

呼ぶお店への予約も数日前から済ませており、
その時点から足が地に着かないようなフワフワした状態で、
仕事も手につかない日々が続きました。

 

男の潮吹き専門店!神戸店でございます!


ドアを開けて入ってきた嬢は女神のようで、
男の潮吹きという目的を忘れてしまうほど圧倒され、
一目ぼれをしてしまうほどでした。

プレイの方ももちろん期待を裏切らない濃厚なⅯ性感プレイも堪能することが出来、男の潮吹きも簡単に味わうことが出来ました!

このお店にはしばらくお世話になることになりそうです。

 

最近、巷では『草食系男子』がふえているとのニュースを見た時私は納得しました。

私もエロいことは大好きなのですが女性を責めるのがとても苦手です。

もっぱら性欲のはけ口はオナニーです。

そんな私に何故なってしまったのかは自分でもわかっているつもりです。

 

まだ高校生だった私は毎日を悶々として過ごしていました。

思春期の高校生。毎日、頭の中はエロいことばかり。

オナニー自慢で盛り上がっていた中学生とは違い、

童貞を捨てることに毎日友人と競い合っていた高校生活。

 

友人から聞かされるまことしやかの『脱・童貞宣言!』

エロしかとりえのない自分は焦っていました。

そして、遂に禁断の扉に手を掛けてしまいました。

 

高校3年の夏、親友と2人ふたりでバイト代を握りしめ隣の神戸へ

激安風俗店を探しに行きました。とにかく予算が少なく可愛い女の子がいる店は

事前調査で全てNGとわかっていたため予算重視で店を探していました。

何件かで呼び込みのおじさんに紹介された店。

そこで出会った女性。初めての女性は今考えると『痴女』だったのだと思います。

 

何もわからない風俗店のプレーはまるで、新入部員がいきなり

甲子園のマウンドに立つかのごとく緊張で周りがみえていません。

そんな私を楽しむかの如く、

彼女はいきなり前立腺マッサージをしてくるではありませんか!

初体験の前立腺マッサージ。私は1回目の射精をしてしまいました。

しかし、若い私の股間はすぐに元気を取り戻し

彼女のあらゆる性感攻めを受け気づけば脱・童貞宣言をしていました。

 

しかし、そこでうけた性感マッサージ。

特に前立腺マッサージの虜になった私はそれ以来、

女性を責めることより受身で責められる事を選び続けています。

 

だからこそ、今でもリラックスを兼ねて回春マッサージしかしていません。

責めるよりも責められる快感。正直、病みつきになりますよ!!